ブログランキング


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
メールフォーム
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

もすこみゅーるだんでぃー

だらだら垂れ流しています
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
皮とかなんとか
打倒エコのだいです。離婚するとエコじゃないんだってさ。ようは一緒にすまないから光熱水料が結婚時よりもかかるからなんだってさ。

とりあえず、世界に優しくしてみようと自分で作れるものは作ってみることにした。

リモンチェッロ。

イタリアの果実酒ですね。
用意するもの。

レモン 500グラム
スピリタス 500ミリリットル
水 500ミリリットル
砂糖 500グラム

レモンの皮をむいてスピリタスに1週間漬けて、レモンの皮ドーンって捨ててダーンってやって全部捨てて近所の酒屋で「リモンチェッロありますか?」と聞いても、売ってなかったから捨てた振りしたレモンの皮の色の移ったスピリタスに、砂糖水をぐつぐつ煮てシロップを作りまして、そのまま熱の冷めないうちにごばーって入れたらなんか色々問題が起きそうなのでぐっと我慢してさますんだけど、面倒くさいからカリブってサトウキビから作られたシロップをそのまま入れて水も普通に入れる。
うわ。濁った。濁ったよ。母さん。怖いよ。濁ってるよ。と、無意味に怯えてみます。
まあ、所謂レモンの皮に含まれた油分と水が反応して濁っただけなんでしょうけどね。
同じような現象はパスティスやウゾでも見ることが出来ます。
無色透明なパスティスに水を加えると白く濁る。水が油分に反応して濁るのですけどね。

だから、濁って正解!

それ以上に問題ないのは……

このレモン……

たぶん無農薬だよな?

ほら、一応今ポストハーベストとかの問題で、表示義務が出来たじゃないですか。
4個はね徳島産の無農薬のやつなんですけど、残りの6個はニュージーランド産のでね、ポストハーベストとか使ってませんと、書いてあるんだけど、無農薬かどうかは微妙なんだよなぁ。書いてなかったような? そんな感じなので大丈夫なんだろうか。
たぶん無農薬だと思うんだけど。
違ったらこれ飲めないってか、飲まないでもいいか。

ほら、別に作るだけが目的だし。

なんての? 暇つぶし?

ヒマだとこういうことしちゃうからダメよね。

しっかし、ケチっちゃダメね。確実に徳島産のだけ使っておけばよかった。

人様に飲ませなければ大丈夫か。死ぬのおいらだけだし。
何気に自殺用アイテムが出来上がった気がします。

ま、飲まずに捨てるんだけどな。

総費用
レモン2000円くらい
瓶2000円くらい
スピリタス1500円くらい
カリブ1000円くらい
合計6500円くらい

捨てるのがもったいないですね。
誰か一緒にどうですか?

もちろん、死ぬかもしれないので女子限定で。
| 酒・泥酔 | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
舌先が乾かない方がなんかエロいと思う。
朝から会議だったよ。だいですよ。ちょっと早く帰ってやった。残業していないという意味です。

なんとシロックが買えた。
昨日販売しろとか言っていた舌の根も乾かぬうちにこのありさま。
ネットで調べたら正規輸入代理店(メーカーかも)経由じゃないけど、買えるみたいだった。
所謂並行輸入ってやつだ。
酒の場合(特にモルトなんか)は日本向けに味を調整することが多いので、正規品を飲んでいた場合風味に差がでることがある。

モルトじゃないけど、タンカレーは風味に差が出ていた。平行の方がややドライで香りが強かった気がしたな。

と、言うことで、飲んでみようかと思ったけど、明日も早いので今夜はビールだけにします。楽しみは取っておくのがいいと思います。

そうそう。シロックの瓶って細長いのな。
そんでもって、貰ったロックグラスって玉子みたいな形してるのな。
で、2個あるからさ。

グラス、シロック、グラスって並べて「チ○コ」とかやってみた。

うん。十分に酔ってるから正当な味の評価が出来ないので飲んでないだけなんだよ。

てか、3600円もするなんて。普通に貧乏人には飲みにくいったらありゃしない。

なにこの文章。
酔っぱらった貧乏人の愚痴じゃん(いつもとクオリティーに差がないのが悲しいとところです
JUGEMテーマ:日記・一般


| 酒・泥酔 | 23:35 | comments(2) | trackbacks(0) |
お酒の話(本当にそれだけ)
離婚会見しておけば良かったと思うだいです。「離婚届が最後通告でした」とかね。いや、これ普通のことだし。

※酒の話だけです。

毎週通っていてるバーがあるのだが、1週行かなかったら「なんか凄く久しぶりな気がしますね」と言われた。
11月3日に行って11月13日に行った。
10日間ですね。短いようで長いような期間でしょうか。
まあ、おべんちゃらでも常連扱いはうれしいものですね。

元々仲の良い若いバーテンダーは休みだったので、もう1人とカウンターでダラダラしながら話す。
木曜日は面倒な会議でいつもよりも出勤が早い。
だから、火曜日に飲むというのもどうかとは思うのだが。

冬なのにモヒート。
ミントとラムの香りがすがすがしい夏向きのカクテル。
旬という意味では季節はずれも甚だしいが、このカクテルが好きなので、ミントが通年で手に入るからありがたいよね。

2杯目はジントニック。
珍しくジントニックをオーダーした。普段なら確実にジンリッキーをオーダーするのだが、何故かジントニックにした。理由はわからないがそんな気分の時もあるってことだね。

3、4、5杯目はシロックのロック
所謂ウオッカだがブドウで作られているところが変わっている。通常ウオッカは穀物ないしジャガイモを使うことが多く無味無臭が至上命題であるとさえいえる。よりクリアであることが求められる。
が、最近のプレミアブームで方向が若干変わっている。よりマイルドで飲みやすいもの。口当たりが柔らかいというのが基本路線になっている。これを体現しているのはグレイグースというウオッカであろう。フルーツカクテルを作る際にはとても相性がいいが、酒の値段が高いので、確実に1000円台になる。フルーツによっては値段が上がると思われる。
ちなみにウオッカは濾過する際に白樺活性炭を使っているので唯一アルカリ性を示すそうだ。暇な人はリトマス試験紙で挑戦だ!(しなくていいです

ちなみに、現在有名なプレミアムウオッカは、グレイグース、ヴェルベデールが両翼で、追随する形でシロックが続くような感じらしい。

この3本の共通点はお値段もプレミアムってことだろう。
スミノフが量販店で1000円くらいで買えるとすると、こいつらは3000円以上の強者である。
ちなみにサントリーが輸入販売しているレクランというウオッカは4000円以上だったはずだ。

3000円だとシングルモルトの12年クラスが買える値段である。12年熟成させたシングルモルトと濾過と材料にこだわったウオッカのどちらを取るかは人それぞれだが、どっちも手を出しているおいらにしてみると判断が難しい。というか、ウオッカに3000円というのが少し考え物なのは間違いない。

店で置くには実のところ微妙な値段である。
1杯1000円の無味無臭に近いウオッカを売るのは非常に難しい。ちなみにスミノフを700円くらいで売っている店なら都内だとプレミアムになると1000円〜1200円だろう。高くすると売りにくく、安くすると原価割れをする。

だから置きにくいし、店としても勧めにくい。
モルトやバーボン、ラムのように味のバリエーションに富んでいるとは言えず、テキーラやジンのように癖のある味や香りでもないので、ショット売りに向かない。

とはいえ、おいらはシロックを飲む。

とにかく最初に飲んだ衝撃は凄かったなぁ。
これがウオッカか!くらいの衝撃。と、いうと大げさすぎるけど、でも大変美味かったのは記憶している。
ややブドウの香りがするアフターのフレーバーが好みで飲み続けている。
フレーバードウオッカのように香りが強いわけではなく、かすかに香のが良いのである。
他のプレミアムと同じように柔らかい口当たり。ロックで飲むと更に口当たりが良くなる。
他のプレミアムウオッカと違うのはレモンやライムの柑橘系を搾ると前述の風味が消えてしまいもったいないというところだろうか。
従ってこのウオッカの飲み方の推奨はストレートもしくはロックで飲むのが良いだろう。
あるカクテルコンペのメーカーブースでブドウジュース(濃縮還元ではない)割を飲んだが、それはそれこれはこれで別に飲むのがよいと思った。
繊細なので他のものを混ぜるとよさが潰れる。
カクテルはグレイグースに任せてシロックは孤高の存在でいいのだ。それだけで美味いのだから。

まあ、家で飲まない、というか、飲めない最大の理由は未だに市販されていないからだ。
正確に言うとメーカーが一般酒販店に卸していないので、買えないというだけのことだ。飲食店に直接メーカーが卸しているので、飲食店に行かないと飲めないからだ。
とはいえ、3000円以上だから買うかどうかは微妙であるがきっと買うだろう。

なぜなら昨日バーでシロックの販促品のロックグラスを貰ったからだ。こいつで家で飲めたら最高だろう。

なので、シロックのメーカーさん市販してください。
てか、これだけやったんだからなんかください。

え? こんな駄ブログで広告される方が迷惑だって?
ごもっとも。(噎び泣きながらしょぼい酒飲んでます。味は涙の塩味です
JUGEMテーマ:グルメ


| 酒・泥酔 | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
酔ってます
うわー二日酔いだー。でも、作ったボルシチ食わないとならないので、ワイン飲んでます。朝から。

目が覚めたら隣に男友達が寝ていた。
ちょ、どういうこと?

冷静に考えてみる。
こいつの誕生日でとりあえず、女子1人呼んで祝ってみる。
そんでもって、女子は明日予定があるので帰る。
そんでもって、友達はトイレに行きたいと言うが近くにないので、うちに来る。
勢い余って酒を出して二人でグダグダになる。

で、記憶がない。
テーブルを見るとまるで口を付けていない酒がある。

……トイレ使わせて帰らせればよかった。

男と寝るのが激しく嫌で「おまえ、帰れ」と深夜2時に無茶苦茶を言う。
でも、これって正しいよな。

まあ、何があったわけでもなくただ寝ていただけなんだけどさ。
おいらのベッドは下心仕様のセミダブルです。
だから男2人くらい寝ても端と端なら体が触れないで済みます。
無意識に互いに離れていたらしく触れずにすみました。
でもなー、やっぱ男ってのはなー。

で、帰らせようとしたんですけど、どう頑張っても帰ろうとしません。
すげー酔っているので帰るわけないんですよ。
どう足掻いても帰りそうにもないし、おいらも泥酔しているので、飲めるわけも無く起きていられもせず、壁に寄り添うように眠りました。

これが女子だったら仮に何もしなくても抱きしめてますよね。
ほんと女の子抱っこして寝るの好きなんですよ。
酒飲んでるので熱くなって突き放すんですけどね。
酷い男ですみません。
でも、女の子は大好きです。むしろあなたが好きです。(告白です)

まあ、そんなことはさて置き(えー)、次に目が覚めたら8時で友達も起きました。

「なんで自分の部屋じゃないところにいるんだろう?」
しかも、友達何故か靴下だけ脱いでいるし。

うっすら殺意が湧きました。
叩き出す様に家から放り出し、ボルシチ食いながら悪酔いですよ。

よし。休日の朝から飲むと言うステキ休日開始です。
明日仕事にいけるか不安です。(行く気がありません)
| 酒・泥酔 | 12:18 | comments(2) | trackbacks(0) |
くせ
今朝目覚めたら全裸だっただいです。ぱ、ぱんつどこー?

とまあ、昨日は強かに酔っ払って紆余曲折の末ご近所さんに家まで送ってもらったらしい(人伝)
財布を見たら折りたためないほどの千円札と百円玉が。
なんとなく会計したのは覚えているがその先は一切記憶にない。
背骨が痛くどこかに痛打したようだ。さっぱり記憶がなく痛みだけ残っている。
背中に何かが触れると痛い。

でも、全然二日酔いじゃない。
意外とスッキリしている。よい目覚めだ。

うむ。

見るわけでもなかったのにテレビがついている。
でも、明かりは消してある。
携帯は何故かちゃんと充電器においてあった。
この行動の微妙さはなんだろう。

う、うむー。

床を見るとズボンが脱ぎ捨ててあるが、YシャツもTシャツもない。
これは洗濯機の中だろう。
パンツもか?
いや、流石にパンツくらいははいて寝る。
全裸好きとはいえパンツは身だしなみだろ。な?

トイレの前にくしゃくしゃになって脱ぎ捨ててあった。

う、うむむー。

高々トイレに行くのにこの始末か。
訳のわからない行動だな。
洗濯機の中のYシャツ見たら腹より少し上のボタンまで外して脱いでいる。
こ、こいつは。どんだけ面倒だったんだろう。

そ、そうだ。
なんぞ不振なメールとかしてないか確認しておこう。

うむ。

大丈夫だ。
普通のやり取りだけみたいだ。

とりあえず、一緒に飲んでいた女の子からのメールだし返信しておこう。

「昨日記憶がありません。全裸で寝ちゃいましたよ」

返信がきた。

「全裸で? 上級者ですね。どこから記憶ないですか?」

酔っ払いの上級者と言われたのは光栄だが、ある意味酷な話だ。
バカの王様と言われるくらいに。
そう思うだろ? ジョニー。(誰?)

で、返信をする。
「会計のあたりかな?」

返信が来る。

「じゃあ、別れ際に熱い抱擁したの覚えてないんですか?」

うむ?

うむむ?(変な汗が出てきた)

いや、ちょっと、まて。
待ったところでしてしまったことはどうしようもないが、その子妹を連れてきてたんだよな。
家族の前でなんつーことを。
いや、問題点はそこじゃないだろ。(十分な問題点です)

いや、待てよ。これはちょっとした冗談かもしれないな。
ほら、よくある記憶捏造ゲームみたいな?
なんだよ。そのゲーム。

てか、確かに酔っ払うとハグする時あるからなぁ。
男女問わず。
性質の悪い酔っ払いだよなー。
まあ、キスよりはいいか。いいのか?

とりあえず返信しよう。

「え? マジで? 覚えてないなー。すげー残念。今日の空と同じでおいらの心も雨模様だよ(残念さの表現です)」

返信が来た。

「ははは。すぐに晴れますよ」

怒ってはいないようだな。

「そうかなー。じゃあまた飲もうよ」

返信が来なくなりました。

勘違いしていたのはおいらの方だった。

自棄酒じゃー(飲む理由が出来ました)
| 酒・泥酔 | 14:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
たまには普通の日記でも
全裸で桜エビだけを食べているだいです。もそもそ。ちょ、気持ち悪い!

水曜日のことなんだけど前の部署の人がおいらのいる部署に前にいたことがあるので「いい店紹介してあげよう」と、わざわざ飲みに来てくれました。
ありがたやー。
しかも、おごりー。
ありがたやー。

店はかなり詰め込むような感じの中華レストラン。
大陸からやってきたのかホールスタッフみんな片言。しかも愛想なし。閉店間際に紹興酒頼んだら「コレで最後ネ!」と怒り口調で言われた。
そんなに早く閉店したいのか?

さて料理だが、5品ほど3人で食ったのだが、どれも美味でよかった。
惜しむらくは料理に颯爽と手をつけなかったので、冷え始めてから食うという猫舌のための食事会のような感じだったゆえに「もっと温かいうちに食べたかったよ?」というのが本音だ。
まあ、飲兵衛ばかりだったので、酒がメインになるわけなんだけど、中華料理だとなあ。酒がないに等しい。
なんせ紹興酒が苦手ですから。
一緒に行った先輩の「紹興酒好き」の一言で外の飲み物シャットアウトですよ。

麻婆茄子、小龍包、五目焼きそば、手羽元のケチャップ味のなんか、ささみの塩味のうま煮的なもの。
量が多かったのか、苦手な紹興酒ばかり飲んだせいか、最後の焼きそば残した。
ちょっと油もきつかったような気もしたし。

とまあ、紹興酒のボトルを2本ほど2時間で消化して帰る。
帰りがけに口直ししたいのでバーに寄ろうかと思ったが微妙に気持ち悪くなったので家に帰った。

で、翌日二日酔い。
バーに行かなくて正解だな。

家帰ってから口直しに飲んだのが良くなかったのかなあ。
2時まで飲んでいたのが問題か?(口直しのレベルじゃないです)
| 酒・泥酔 | 01:12 | comments(4) | trackbacks(0) |
カリッと青春!
シュッ……カーン……カランカラン……

「……ちっ。手間取らせやがって。最初からこうしておけば良かった。こうしておけば、あんな犠牲も払わずにすんだのに」

昨夜のことである。
23時過ぎに飲みが終了して家に帰ってきた。

「よし。カクテルを作ろう。シェーカーを振ろう」

前日に作ったブルームーンをもう一度作ることにしたのだが、大きすぎるカクテルグラスのと、やや色のついたグラスしかない。

とりあえず、ブルームーンの色は紫である。
材料はジン30ミリ、ヴァイオレット(パルフェタムール)15ミリ、レモンジュース15ミリだが、ヴァイオレットの香りが強すぎるし、前述のとおり色もブルーといわず紫である。
そこで、名前のとおりに青味を深めるためにブルーキュラソーを入れて調整するのだが、1tspで真っ青になる。元々紫だからちょっと入れるだけで青の発色が強くなる。
キレイな青紫を出すのが目的でねぇ。

そして、前述のとおり大きなグラスと色の付いたグラスしかない。
大きなグラスは200ミリ入るので、60ミリの分量ではグラスの1/3以下になるので見栄えが悪い。
そこでうちにあるシェーカーの大きな方を使って量を倍の120ミリにすることをした。
これなら見た目もギリギリなんとかなりそうですよ。微妙に足りないけど。
まあ、その辺はあれだ。酔ってるしな。大丈夫だろ?

で、大き目のシェーカーを出してみたんだが、トップ(蓋の部分)がはずれない。
うむー。うむー。

「ツェイッ」(気合いです)

「ツェイッツェイッ」(気合い十分です)

「ツェ……痛い……」

もうね。あまりの固さに手が真っ赤になる。

そうだ。ほら、ぬけなくなった指輪を取るときに良く使うじゃない。
アイスピック。ザクッと肉がえぐれてね。
って、痛いですね。
そうじゃないですよ。洗剤ですよ。トップの周りに撒いて放置。

10分放置。

もうね。ぬるぬるして余計どうしようもないです。
あははは。
よし。なら金属だし熱湯に晒して膨張を狙うか。
熱湯に晒す。
密接している部分が同じく膨張するから意味がない。
あはははは。
なんだよ。畜生。

しょうがねえ。

……
……
……

……ああ、そうだ。アイスピックがあったな。
あれの先でこのトップの間をガンガン突っ込めば多少傷が付くが……
あーなんかストレーナーが傷つきまくりではずれる気配ないし。

あーあー。傷ついてどうしようもないな。
アイスピックの柄の部分をハンマーのようにして、殴ってみるか。
アイスピックの先のほうを持って何の気なしにトップの先の方を殴る。

シュッ……カーン……カランカラン……

ま、マジですかー。あっさりはずれやがった。

「……ちっ。手間取らせやがって。最初からこうしておけば良かった。こうしておけば、あんな犠牲も払わずにすんだのに」

ああ、別にシェーカーに傷がついたことはしょうがないんですよ。酔ってるしね。

アイスピック使う前の「……」の部分があるところなんですけどね。
ほら、硬いものを強制的にあけるときに、サメかワニくらいに顎がしっかりしてるおいらだから、歯で噛み付いて開けることがあるんですよ。普通の人はしないと思いますけどね。

で、やったら「カリッ」って音がして糸切り歯の奥の歯が欠けた。
すげー歯って白いんだね。トップの渕に白い粉がありますよ。
軽くおしろいかと思うほど白いよ。
あはははは。
もうね。思ったよ。

こりゃカルシウム不足だね(知恵不足です)
| 酒・泥酔 | 01:47 | comments(7) | trackbacks(0) |
雪と穏やかな時間
雪が降り出した。この冬初めての雪は残業を終えてふらりと寄ったバーからの景色だった。
隔絶されたバーからの景色は、絵葉書のようでも洒落た写真のようでもなく、ただ薄汚い路地をありのままに見せる日常のそれだった。
1階にあるバーはうなぎの寝床のように細長く、8人も座れば満席になるカウンターだけのバーだ。

面倒だから馴染みのある店にしようかと思っていたが、年賀メールを貰ったことを思い出してその店に決めた。
店長とは顔見知りではないが、スタッフとは別の店で知り合った少し長い付き合いの人物だった。

少し変わったモルトやオールドボトルを提供してくれる面白い店だ。
0時ちょうどくらに入ると、照明を少し落として、キャンドルに火が灯った。
バー全体が軟らかい明かりの中にあり、さらに落ち着いた雰囲気になってゆく。

客が男だけということを除けばムード満点だ。
疲れきったぼくにはこの軟らかい光が心地よくもあった。

普段は飲まないものを注文する。
まずは、スーズトニック。
スーズというフランスの薬草のリキュールだ。
ピカソも愛飲したというスーズは色は「元気ハツラツ」でおなじみの飲料水と同じような感じだ。
リンドウの根から作られるスーズを昔は好んで飲んでいた。

トニックで割り涼味と苦味、リキュールの持つ甘みが心地よかった。
少し昔のことを思い出す味だ。
隣には決して帰ってこない大酒飲みの彼女の少し大きめな笑い声が思い出された。

昼飯以降何も食っていない胃袋はアペリティフかと思い新たなものを要求してきた。
胃袋は固形物を要求していたが、ぼくは構わずに2杯目をオーダーする。

シャルトリューズトニック。
これもフランス産のリキュールで最古のリキュールともいわれる。
修道院で作られその複雑な薬草の配合は、3人の修道士以外に伝えられぬと言う一品。
黄色のジョーヌ、緑色のヴェーヌ。スーズとは違いいかにもリキュールの甘みや薬草の香りが強い。
特にヴェーヌは度数も高く薬草の香りも強い。

昔は決して飲まなかったリキュールも今では心地よさを提供してくれる。

3杯目はラスティーネイル。
古めかしいとか、錆びた釘を意味するカクテル。
スコッチとドランブイをステアして作るカクテル。

ドランブイはスカイ島由来のリキュールでとても甘い。
モルトとヒース、ハチミツなどをブレンドして作られるリキュールだ。
このバーではドランブイに、スカイ島で作られたシングルモルトであるタリスカーを使ってカクテルを作る。
同じ島由来である故に相性はいいのだろう。

実のところ初めて飲んだ。意外に美味い。
思いでも何もないカクテルだったが、これから何か思い出を作ってくれることを予感させた。
じわじわと甘みの強いものになっていっている。

外はまだ雨だった。

続きを読む >>
| 酒・泥酔 | 06:03 | comments(4) | trackbacks(0) |
これと言って書くことなし
いやー体調不良全壊です。ホント。ダメ壊れちゃうって感じです。そんなこと言ってもらいたいだいです。肉体的に不可能です。

昨日はご近所さんにお呼ばれして、雑煮なんか食ってきました。
朝起きたときに正月番組見てたら雑煮食っていて美味そうだったからさ、ありつけてラッキーだったね。
本当に美味しかったし。近所づきあいで正月って田舎っぽくってちょっと泣けました。嘘ですけどね。

実家に帰ると言う友達カップルの家から帰り、そのままバーに行った。
正月から開けていたんだけど、結局行ったらバックバーの整理をしているくらいに誰もいない。
まー19時半だったからバータイムには少し早いかな?

20時過ぎに1人来て、そのあと22時くらいに1人来たときに帰りました。

友達の家で上喜元の純米大吟醸を2合以上飲んでバーで5杯飲んだから上々の酔っ払いです。

こっからさけの説明になっていますので、お暇な方だけどうぞ。

続きを読む >>
| 酒・泥酔 | 18:32 | comments(4) | trackbacks(0) |
つらい正月
あけおめ(曙おめかし)ことよろ(琴別府よろける)ということで、今年は相撲ブログを目指そうと思っているだいです。嘘です。
しかし、引退した力士の名前ばかりってのが自分を憂鬱にさせるね。
てか、曙負けたんだ。引退した方がよくない?

おいらはプライドの方を見ていたんだけどね。
カウントダウンパーティーで。
プロジェクタ使った大画面で一番近い席で見ていたから、映画館で一番前で見ているような感じで首が痛かった。
酒の量も普段の倍くらいの量で体調不良も手伝って寝そうになっていた。

なんで年末になるとこうも体調がおかしくなるんだろう?
今年は微熱と下痢。(正月からすみません)
全然回復しないまま飲みに出かけて18時から飲んでいるわけですよ。

そうしたら、なんと企画者が21時過ぎると言ってるし、それ以外の人も大半は21時過ぎ。
結局18時に来たのは4人だけ。19時になって1人やってきた。
全部で13人集まるはずなのに5人て。

それから店の混むこと混むこと。
3000円で飲み放題だからね。
場所確保に必死です。
「ああ、すみません。そこ人が来るんですよ」
そう言って確保し続ける。
と、言いながら、結果確保することが困難な状況で一部を食われた。

そんな状況の中21時到着組のうち3人がやってきた。
22時ごろ先行していた4人のうち2人が帰ると言い出した(前日の疲労からダウンした)ので、一緒にぬけることに。
ちょっくらタバコを買いに行くと言って別の店に行きました。
人数の確保も出来ているので、別の店のカウントダウンに行きました。
企画者がここに着たら別の店に行けなくなると判断して、嘘までついて脱出。(人として最低です)
この時点で飲んだ酒はビール、泡盛のカクテル、地酒(醸し人九平次の純米吟醸酒)、芋焼酎の水割り×3杯(心水×2、克×1)です。

続きを読む >>
| 酒・泥酔 | 11:03 | comments(11) | trackbacks(0) |